NHK でも紹介された 安心のお葬式

※TPCマーケティングリサーチ(株)調べ

※1 グループ全社実績。TPCマーケティングリサーチ㈱調べ葬儀施行数(葬儀専門会社とは葬儀を主たる事業として扱い、自社で葬儀の手配から施行まで行う会社のことであり、冠婚葬祭互助会系の事業者、JA・生協などの協同組合系の事業者、インターネットだけで集客する葬儀紹介業者を含まない。※FC等を除く2023年度)

※2 グループ全社実績。TPCマーケティングリサーチ㈱調べ葬儀ホール数(葬儀専門会社部門にてFCを除く2024年4月時点)
(葬儀専門会社とは葬儀のみを事業として扱い、自社で葬儀施行まで行う会社のこと)

ご相談だけでもお任せください
現在待機中
現在待機中
現在待機中
現在待機中

深夜・早朝でも 24時間365受付

費用/プラン

※ 費用・プランは地域により異なります。

お近くの葬儀場で行えます

首都圏エリア

北海道エリア

葬儀の知識

ご葬儀 2024.07.23
焼香のやり方を分かりやすく解説|初めての方でも安心

焼香のやり方を分かりやすく解説|初めての方でも安心

お焼香は、葬儀や法事で欠かせない大切な儀式ですが、初めての方にとっては手順やマナーが分かりにくいものです。この記事では、お焼香の意味や目的、宗派による違い、3つの形式、そして初心者でも失敗しないためのマナーと作法について詳しく解説します。また、よくある質問とその回答も紹介しているので、安心してお焼香に臨むことができるでしょう。故人への敬意と感謝の気持ちを込めて、正しい方法でお焼香を行いましょう。 お焼香とは?意味やお線香との違いを解説 お焼香とは、葬儀や法事などで故人や仏様に対して敬意を表し、供養するために香を焚く儀式のことです。焼香を通して、故人の冥福を祈り、仏様に祈りを捧げます。また、お香の香りには空間を清め、参列者の心を落ち着かせる効果もあるとされています。 お焼香の意味と目的 お焼香には、主に以下のような意味と目的があります。 故人への追悼と供養: お香を焚くことで、故人の冥福を祈り、尊敬の意を表します。 仏様へのお供え: お香を仏壇に供えることで、仏様に対する敬意と感謝の気持ちを示します。 空間の清浄化: お香の香りには、場の雰囲気を清め、浄化する効果があるとされています。 自身の心を鎮める: 焼香を行うことで、喪失感や悲しみに向き合い、心を静めることができます。 お焼香とお線香の違い お焼香とお線香は、どちらもお香を用いる儀式ですが、その目的と方法と使用場所に違いがあります。 お焼香お線香方法抹香を香炉の炭の上にくべる長いお香を手に持ち、火を付けて煙を立ち上らせる場所葬儀場や寺院の焼香台自宅の仏壇や墓前 お焼香とお香典の関係 お焼香とお香典は、どちらも葬儀に欠かせない要素ですが、役割が異なります。お焼香が故人や仏様への敬意を表す儀式であるのに対し、お香典は喪家に対する弔意と経済的な援助を示すものです。 お香典は、葬儀に参列する際に持参し、受付で喪家に渡します。お焼香を行う前にお香典を渡すのが一般的なマナーとされています。お香典の金額は、故人との関係性や自身の経済状況を考慮して決めますが、一般的には5,000円以上が目安とされています。 お焼香とお香典は、葬儀をするにあたって大切な行為です。心を込めて、適切な方法で行うことが重要です。 宗派によって異なるお焼香の流れ お焼香の手順は、宗派によって異なり、主な宗派であるの仏教、キリスト教、神道があります。神道式では、焼香をたくことはせず、それに該当するのが玉串奉奠と呼ばれるものです。それでは、各宗派の流れを見ていきましょう。 仏教式の焼香の流れ ご本尊に仰いで、黙礼をする 手に数珠をかけ、合掌礼拝をする 香を右手で軽くつまむ 香を頭の前に、軽く捧げる 香をつまみ、そのまま香炉にくべる もう一度手に数珠をかけて、合掌礼拝をする キリスト教式の焼香の流れ キリスト教の葬儀では、焼香は一般的ではありませんが、カトリックでは行われることがあります。その場合、以下のような流れになります。 司祭がお香をたき、祈りを捧げます。 参列者は、焼香台の前に進み、頭を下げて祈りを捧げます。 お香をたき十字を切って焼香台を離れます。 神道式の玉串奉奠の流れ 神道の葬儀では、「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」が行われます。以下のような流れで行われます。 喪主・ご遺族は神職に一礼し、両手で玉串を受け取る 右手で根本、左手で葉先を持ち、胸の高さで構える 玉串案の前で一礼する 玉串を縦に構え、故人への感謝と哀悼の意を込める 玉串を180度回転させ、祭壇向きに玉串案に置く 祭壇に向かい二礼、しのび手二拍手、一礼する 神職・ご遺族に会釈し、席に戻るく 以上のように、宗派によってお焼香の流れは異なります。事前に宗派を確認し、それぞれの作法に従ってお焼香を行うことが大切です。また、不明な点があれば、葬儀の係員や宗教家の指示に従いましょう。 お焼香は、故人を偲び、尊敬の意を表する大切な儀式です。心を込めて、丁寧に行うことが何より重要です。宗派ごとの流れを理解し、適切な作法で臨むことで、故人への想いを伝え、冥福を祈ることができるでしょう。 知っておきたい3つのお焼香の形式 葬儀や法事の際に行われるお焼香には、主に3つの形式があります。それぞれの手順と注意点を理解し、故人への想いを込めて焼香を行いましょう。 立礼焼香の手順と注意点 立礼焼香は、最も一般的なお焼香の形式です。焼香台の前に立ち、以下の手順で行います。 焼香台の前に立ち、軽く一礼します。 左手に数珠を持ち、右手でお香を取ります。 左側にある香炉の灰の中に落とします。 遺影に向かって一礼をします。 自分の席に戻ります。 座礼焼香の手順と注意点 座礼焼香は、焼香台の前に正座または胡坐で座って行う形式です。以下の手順で進めます。 焼香台の前に正座または胡坐で座り、軽く一礼します。 左手に数珠を持ち、右手でお香を取ります。 左側にある香炉の灰の中に落とします。 遺影に向かって一礼をします。 ゆっくりと立ち上がって焼香台を離れます。 座礼焼香では、正座や胡坐の姿勢を保つことが大切です。また、立ち上がる際は、周りの人の邪魔にならないようにゆっくりと動作しましょう。 まわし焼香の手順と注意点 まわし焼香は、参列者が焼香台を囲むように立ち、順番にお焼香を行う形式です。以下の手順で進めます。 手元に香炉が回ってきたら、軽く会釈をして受け取ります。 香炉を自分の前におき、遺影に向かって一礼します。 お香を受け取った参列者は、左手に数珠を持ち、右手でお香を持ちます。 左側にある香炉の灰の中に落とします。 その場で合掌をして、遺影に一礼します宇。 一礼し、右隣の人にお香を渡します。 全員がお焼香を終えたら、最後に一礼して終了です。 まわし焼香では、お香を受け取る際と渡す際に、相手に対して一礼することが大切です。また、お香を持つ手と数珠を持つ手を間違えないように注意しましょう。 お焼香は、故人への敬意と感謝の気持ちを表す大切な儀式です。形式ごとの手順と注意点を踏まえ、心を込めて焼香を行うことで、故人への想いを伝えることができるでしょう。 初心者でも失敗しない!お焼香のマナーと作法 お焼香は、故人への敬意と感謝の気持ちを表す大切な儀式ですが、初めて参列する人にとっては手順やマナーが分かりにくいものです。ここでは、お焼香の際に気をつけるべきポイントを解説します。 数珠の持参と宗派ごとの持ち方 お焼香の際は、数珠を持参するのが一般的です。数珠の持ち方は宗派によって異なるため、事前に確認しておきましょう。 浄土真宗:二重にした念珠を、両手で持ちます。 浄土宗:親玉を揃えて、親指で押さえるように握る。また房を手前側に下げるようにします。 臨済宗・曹洞宗:念珠を二重にして、左手に掛かるように握ります。 数珠を持たない場合は、両手を合わせてお焼香を行います。 手荷物は最小限に 葬儀場では、手荷物は最小限にすることが大切です。コートや上着、大きな鞄は、会場入り口のクロークや指定された場所に預けましょう。お焼香の際は、数珠とお香典袋以外の荷物は持たないようにします。 また、お香典袋は事前に用意し、中袋に名前を記入しておくことを忘れずに。 お焼香に適した服装と身だしなみ 葬儀では、黒を基調とした服装が一般的です。男性はスーツにネクタイ、女性はワンピースやスーツが無難でしょう。派手な柄物や露出の高い服装は避けましょう。 また、身だしなみにも気を配ります。髪は清潔感があり、まとめるのが好ましいです。アクセサリーは最小限にし、香水は控えめにしましょう。 お焼香は、故人を偲び、冥福を祈る大切な儀式です。マナーを守り、心を込めて焼香を行うことで、故人への感謝の気持ちを表すことができるでしょう。分からないことがあれば、周りの人に尋ねるのも一つの方法です。故人と向き合う気持ちを大切に、お焼香に臨みましょう。 お焼香Q&A:よくある質問と回答 葬儀や法事でのお焼香について、よくある質問と回答をご紹介します。初めての方でも安心して参列できるよう、正しいマナーを確認しておきましょう。 お焼香の順番は? 一般的には、親族、近しい友人、その他の参列者の順でお焼香を行います。喪主や遺族から順次案内がありますので、その指示に従いましょう。 弔問の順番は、故人との関係性や年齢などを考慮して決められます。自分の順番が分からない場合は、係員や周りの方に尋ねるのが適切です。焦らず、静かに順番を待ちましょう。 焼香中の手の位置は? 焼香中は、手の位置に注意しましょう。基本的には、左手に数珠を持ち、右手でお香を持ちます。お香を炉に立てた後は、両手を合わせて拝みます。 宗派によって手の位置が異なる場合があります。事前に宗派を確認し、適切な作法で臨むことが大切です。 手の位置に不安がある場合は、周りの方の動作を参考にするとよいでしょう。ただし、故人への敬意を忘れず、静かに焼香に臨むことが何より重要です。 お焼香は、故人を偲び、感謝の気持ちを表す大切な儀式です。正しいマナーを心得て、真心を込めてお焼香を行いましょう。不明な点があれば、遠慮なく係員や周りの方に尋ねることをおすすめします。 故人との別れは辛いものですが、お焼香を通して、故人への思いを伝え、冥福を祈ることができます。葬儀や法事では、故人を偲び、参列者同士で支え合うことが大切です。お焼香の意義を理解し、正しい作法で臨むことで、悲しみを乗り越える力になるでしょう。 まとめ お焼香は、故人への敬意と感謝の気持ちを表す大切な儀式です。宗派によって手順が異なるため、事前に確認することが大切です。立礼焼香、座礼焼香、まわし焼香の3つの形式があり、それぞれの手順とマナーを理解して臨みましょう。数珠の持参や宗派ごとの持ち方、手荷物を最小限にすること、喪主や遺族への挨拶、適切な服装と身だしなみにも気をつけましょう。焼香中は手の位置にも注意が必要です。正しいマナーを心得て、真心を込めてお焼香に臨むことが何より大切です。

ご葬儀 2024.07.18
告別式の挨拶の言葉の選び方とマナーとは?

告別式の挨拶の言葉の選び方とマナーとは?

身近な人を亡くし、葬儀で告別式を執り行う際、喪主や遺族にとって挨拶は重要な役割を果たします。しかし、深い悲しみの中で適切な言葉を選ぶのは容易ではありません。告別式では、会葬者の出迎えや見送り、式の進行に合わせた挨拶が求められます。感謝の気持ちを丁寧に伝え、故人の人柄や思い出を偲ぶ言葉を添えることが大切です。一方で、不適切な言葉選びには十分な注意が必要です。本記事では、告別式の挨拶のポイントやタイミング、例文を交えて詳しく解説します。故人への敬意と感謝の想いが伝わる、心のこもった挨拶を心がけましょう。 告別式の挨拶タイミングと流れを理解しよう 告別式での挨拶は、喪主や遺族にとって重要な役割を果たします。適切なタイミングで適切な言葉を選ぶことで、故人への敬意を示し、参列者に感謝の気持ちを伝えることができるのです。ここでは、告別式の流れに沿って、挨拶のタイミングとポイントを詳しく解説します。 告別式全体の流れを把握する まずは、告別式全体の流れを理解しておくことが大切です。一般的な告別式の流れは以下のようになります。 会葬者受付 告別式開式 僧侶による読経 弔辞・弔電の紹介 焼香 告別式の閉式 お別れの儀 出棺 喪主挨拶 火葬場に移動し火葬 収骨 この流れの中で、喪主や遺族が挨拶を行うタイミングが幾つかあります。それぞれのタイミングで適切な言葉を選ぶことが求められます。 僧侶の出迎えと見送りの際の挨拶 告別式の前後には、僧侶の出迎えと見送りの場面があります。これらの場面での挨拶は、僧侶に対する感謝の気持ちを表すことが重要です。 僧侶を出迎える際は、感謝の気持ちと故人との関係性に触れる挨拶が適切です。 一方、僧侶を見送る際は、「本日は誠にありがとうございました。」と感謝の言葉を述べた上で、お布施を渡します。お布施の額は、あらかじめ葬儀社と相談しておくとよいでしょう。 会葬者への挨拶のポイント 告別式では、会葬者をお迎えする際にも、簡潔な挨拶が求められます。「本日はお忙しい中、お越しいただきありがとうございます。」と感謝の気持ちを伝え、加えて会葬者のお悔やみの言葉に対するお返事を添えるとよいでしょう。 受付で記帳をお願いする場合は、「お手数ですが、こちらの芳名帳にご記帳をお願いいたします。」などと丁寧に伝えましょう。 告別式終了時の挨拶の重要性 告別式の終了時、特に出棺の際の挨拶は、喪主や遺族にとって最も重要なタイミングといえます。参列者への感謝の気持ちを丁寧に伝えるとともに、故人の最後の様子や思い出にも触れましょう。 挨拶の例文としては、以下のようなものが考えられます。 項目例文1. 参列者への御礼本日は、お忙しい中をお越しいただき、誠にありがとうございました。2. 故人の最後の様子○○は、最期の時まで穏やかな表情で、家族に見守られながら旅立ちました。3. 生前のお付き合いへの感謝生前は皆様に大変お世話になりました。○○も、皆様との思い出を大切にしておりました。4. 今後のお付き合いのお願い今後とも変わらぬお付き合いを賜りますよう、お願い申し上げます。5. 結びの言葉本日は誠にありがとうございました。 告別式は、故人を偲び、感謝の気持ちを伝える大切な場です。挨拶のタイミングを押さえ、シンプルかつ心のこもった言葉を選ぶことで、参列者の心に響く挨拶となるでしょう。事前の準備と当日の心構えを大切に、故人にふさわしいお別れの場としたいものです。 シーン別の挨拶例文集 葬儀・告別式における挨拶は、故人への敬意と感謝の気持ちを伝える大切な機会です。しかし、深い悲しみの中で適切な言葉を選ぶのは容易ではありません。ここでは、告別式の各シーンに合わせた挨拶の例文をご紹介します。ぜひ参考にして、故人にふさわしいお別れの言葉を探してみてください。 僧侶を出迎える・見送る際の例文 告別式の前後には、僧侶の出迎えと見送りの場面があります。これらの場面では、僧侶への感謝の気持ちを表すことが重要です。 【出迎え時の例文】 本日はお忙しい中、お越しいただきありがとうございます。 本日はご法要をお願いいたします。故人は、生前よりお寺様とのご縁を大切にしておりました。どうぞよろしくお願いいたします。 【見送り時の例文】 本日は、ご法要をありがとうございました。お陰様で、故人を見送ることができました。重ねて御礼申し上げます。 本日は、故人のためにお経をあげていただき、誠にありがとうございました。ご法要の言葉は、私たち遺族の心に深く響きました。 参列者をお迎えする時の例文 告別式では、参列者をお迎えする際にも、簡潔な挨拶が求められます。感謝の気持ちを伝えつつ、お悔やみの言葉に対するお返事を添えましょう。 本日は、お忙しい中をお越しいただき、誠にありがとうございます。故人も、皆様にお会いできたことを喜んでいることでしょう。 ようこそお越しくださいました。遠方よりお越しいただき、重ねて御礼申し上げます。皆様の温かいお気持ちに、心より感謝申し上げます。 (お悔やみの言葉に対して)ありがとうございます。皆様にお越しいただき、故人を偲ぶことができます。お心遣いに感謝いたします。 受付担当者の挨拶マナーと例文 受付では、会葬者の確認と香典の受け取り、記帳のお願いなどを行います。丁寧な対応と適切な言葉遣いが求められるシーンです。 【香典を受け取る際の例文】 お心遣いを頂戴し、ありがとうございます。お預かりします。 【記帳をお願いする際の例文】 お手数ですが、こちらの芳名帳にご記帳をお願いいたします。 ご記帳をお願いできますでしょうか。ご協力に感謝申し上げます。 出棺時の挨拶例文と注意点 告別式の終了時、特に出棺の際の挨拶は最も重要なタイミングです。参列者への感謝と故人への思いを丁寧に伝えましょう。 【挨拶例文】 1. 参列者への御礼本日は、お忙しい中をお越しいただき、心より御礼申し上げます。皆様の温かいお気持ちに支えられ、故人を見送ることができました。2. 故人の思い出生前、故人は皆様と過ごした時間を何よりも大切にしておりました。その思い出を胸に、最期のお別れをさせていただきます。3. 今後のお付き合い今後とも変わらぬお付き合いの程をお願い申し上げます。故人のことも、折に触れてお話しいただければ幸いです。4. 結びの言葉重ねて、本日はありがとうございました。皆様のお力添えに、心より感謝申し上げます。 出棺の際の挨拶では、感情的にならないよう、簡潔にまとめることも大切です。事前に原稿を用意し、要点をしっかりと伝えるようにしましょう。 葬儀・告別式での挨拶は、故人への最後の別れと感謝を伝える大切な役割を果たします。様々なシーンで求められる挨拶の例文を参考に、故人を偲び、参列者とつながる言葉を見つけてください。心を込めた挨拶が、良き思い出となるはずです。 告別式の挨拶で押さえるべきポイント 告別式での挨拶は、故人への最後の別れと感謝を伝える大切な機会です。喪主や遺族として、適切な言葉を選ぶことで、参列者の心に響く挨拶となるでしょう。ここでは、告別式の挨拶で押さえるべき3つのポイントを解説します。 感謝の気持ちを丁寧に伝える 告別式に参列してくださった方々に対する感謝の気持ちを、丁寧に伝えることが大切です。遠方からお越しいただいた方や、お忙しい中お時間を割いてくださった方への御礼を忘れずに述べましょう。また、生前に故人がお世話になった方々への感謝の言葉も添えると良いでしょう。 例えば、「本日は、お忙しい中をお越しいただき、誠にありがとうございます。皆様の温かいお気持ちに、心より感謝申し上げます。」といった言葉で、参列者への感謝を表現できます。 故人の人柄や思い出を簡潔に紹介 挨拶の中で、故人の人柄や思い出を紹介することで、参列者と故人とのつながりを感じてもらうことができます。ただし、長々と話すのは避け、簡潔にエピソードを紹介するようにしましょう。 「○○は、いつも周りの人を思いやる優しい人でした。皆様との思い出を大切にしていたと思います。」といった具合に、故人の良い面を短く紹介するのが適切です。 難しい言葉は避け、分かりやすく話す 挨拶では、難解な言葉や専門用語を避け、誰にでも分かりやすい言葉で話すことが重要です。高齢の方や、故人との関係性が浅い参列者にも配慮した言葉選びを心がけましょう。 また、方言や若者言葉、略語などは使わないようにします。正しい敬語を使い、丁寧な口調で話すことで、品位のある挨拶となります。 告別式の挨拶は、参列者への感謝と故人への想いを伝える大切な役割を担っています。感謝の気持ちを丁寧に伝え、故人の人柄や思い出を簡潔に紹介し、分かりやすい言葉で話すことを意識して、心のこもった挨拶を心がけましょう。 告別式の挨拶で避けるべきNGワード 故人への敬意を表し、参列者に感謝の気持ちを伝える告別式の挨拶。しかし、不適切な言葉選びは、故人や遺族、参列者の感情を害するだけでなく、挨拶者の品位を疑われかねません。ここでは、告別式の挨拶で避けるべきNGワードを3つ紹介します。 忌み言葉・不吉な言葉を使わない 葬儀や告別式では、「死」「亡くなる」などの言葉を直接的に用いるのを避け、「逝去」「永眠」「旅立ち」など、婉曲的な表現を用いるのが一般的です。また、「明るい」「楽しい」などのポジティブな言葉も不適切とされます。故人や遺族の心情に配慮し、品のある言葉選びを心がけましょう。 生死に関する直接的な表現は控える 「死んだ」「殺された」など、生死に関する直接的な表現は避けるべきです。「お亡くなりになった」「他界された」など、柔らかい言い回しを用いましょう。また、故人の死因や最期の状況についても、遺族の意向を踏まえて、必要最小限の言及にとどめるのが賢明です。 重ね言葉の使用はマナー違反 「重ね重ね」「いよいよ」といった意味の協調や、重なりを連想させる言葉は避けるべきです。シンプルかつ丁寧な言葉遣いを心がけ、聞き手に不快感を与えないよう注意しましょう。 告別式の挨拶は、故人を偲び、参列者と悲しみを共有する大切な機会です。相応しくない言葉選びは、せっかくの挨拶の印象を損ねてしまいます。NGワードを避け、故人への敬意と感謝の気持ちが伝わる、品格ある挨拶を心がけましょう。 通夜や精進落としなど関連シーンでの挨拶 葬儀や告別式は、通夜や精進落としなど、一連の流れの中で行われます。それぞれの場面に応じた適切な挨拶が求められるため、ここでは関連シーンでの挨拶のポイントについて解説します。 通夜での弔問客への挨拶ポイント 通夜は、告別式の前日に行われる儀式で、弔問客が故人とのお別れを告げに訪れます。通夜での挨拶は、以下のポイントを押さえましょう。 弔問客への感謝の気持ちを伝える 故人との思い出や、生前のお付き合いへの感謝に触れる 葬儀や告別式への参列のお願いをする 例えば、「本日は、お忙しい中、お越しいただきありがとうございます。明日の葬儀・告別式も、ぜひご参列くださいますようお願い申し上げます。」といった挨拶が適切です。 精進落としの開始と終了時の挨拶 精進落としは、葬儀や告別式の後に行われる会食です。喪主や遺族から、参列者への感謝の言葉を述べるのが一般的です。 開始時の挨拶では、「本日は、○○の葬儀に際し、お忙しい中をお越しいただき、誠にありがとうございました。ここに、皆様と精進落としのお食事をいただけますことを、心より感謝申し上げます。」などと、葬儀への参列への感謝と、会食ができる喜びを伝えましょう。 終了時には、「本日は、長時間にわたり、ありがとうございました。皆様に見送っていただき、○○も安らかに眠ることができると思います。重ねて御礼申し上げます。」と、参列者への感謝の気持ちを述べて締めくくります。 喪主が挨拶できない時の代理挨拶 喪主が高齢であったり、体調不良であったりして、挨拶ができない場合は、代理の方が挨拶を行います。代理挨拶の際は、以下の点に注意しましょう。 冒頭で、代理で挨拶する旨を伝える 故人と代理人との関係性に触れる 例えば、「本日は、喪主の○○に代わりまして、××が御礼のご挨拶を申し上げます。」と切り出し、「故人とは、××の立場で長年お付き合いさせていただきました。」と関係性に触れた上で、挨拶を述べましょう。 通夜や精進落としなど、告別式の前後に行われる儀式での挨拶は、一連の葬儀の流れの中で重要な役割を果たします。それぞれの場面に応じた適切な言葉選びを心がけ、故人への敬意と、参列者への感謝の気持ちを丁寧に伝えることが大切です。 まとめ 告別式での挨拶は、喪主や遺族にとって故人を偲び、参列者へ感謝の気持ちを伝える大切な役割を果たします。挨拶のタイミングとしては、僧侶の出迎えと見送り、会葬者への挨拶、告別式終了時の挨拶などがあります。それぞれの場面で、感謝の気持ちを丁寧に伝え、故人の人柄や思い出を簡潔に紹介することが大切です。また、難しい言葉は避け、分かりやすく話すことも重要です。一方で、忌み言葉や不吉な言葉、生死に関する直接的な表現、重ね言葉などは使わないよう注意が必要です。告別式以外でも、通夜や精進落としの場で挨拶が求められます。もし喪主が挨拶できない場合は、代理の方が挨拶を行うことになります。事前の準備と心構えを大切に、故人への敬意が伝わる、心のこもった挨拶を心がけましょう。

ご葬儀 2024.07.16
告別式の流れとマナー完全ガイド|初めての方でも安心

告別式の流れとマナー完全ガイド|初めての方でも安心

身近な人が亡くなり、告別式の喪主を務めることになった方や、初めて告別式に参列される方にとって、式の流れやマナーは分かりにくいものです。スムーズに告別式を執り行うためには、事前の綿密な準備と、参列者一人一人が心得を持って臨むことが何より大切です。 本記事では、告別式とはどのような儀式なのかという基本的な説明から始まり、一般的な式の流れ、遺族や参列者の服装・持ち物、香典や弔電の基本マナーなど、告別式に関する情報を丁寧に解説します。故人を偲び、感謝の気持ちを込めて最後のお別れをする大切な儀式。滞りなく、厳粛に執り行うための心構えを、是非本記事で学んでいただければと思います。 告別式とは何か? 告別式は、故人との最後のお別れの時間を持つための儀式です。遺族や親しい人々が集まり、故人の生前を偲び、感謝の気持ちを表します。また、参列者全員で故人の冥福を祈ります。 葬儀と告別式の違い 葬儀と告別式は、しばしば混同されがちですが、本来は異なる儀式です。葬儀は、故人の魂を弔うための宗教的な儀式で、僧侶による読経や焼香などが行われます。一方、告別式は、葬儀の後に行われる、故人との別れを惜しむための儀式です。 ただし、現在では葬儀と告別式の区別が曖昧になってきており、一連の流れの中で行われることが多くなっています。 告別式の目的と意義 告別式には、以下のような目的と意義があります。 故人との最後の別れを告げる 故人の生前を偲び、感謝の気持ちを表す 遺族の悲しみを分かち合い、励ます 参列者全員で故人の冥福を祈る 告別式を通して、遺族や参列者は故人との思い出を共有し、悲しみを乗り越えていく力を得ることができます。また、故人を偲ぶことで、自分自身の人生を見つめ直すきっかけにもなります。 現代における葬儀と告別式の区分の曖昧さ 前述の通り、現代では葬儀と告別式の区別が曖昧になってきています。多くの場合、葬儀と告別式は一連の流れの中で行われ、明確に区分されません。 この背景には、以下のような理由があります。 核家族化により、遠方から参列する人が増え、葬儀と告別式を別々に行うのが難しくなった 簡素化・合理化の流れにより、葬儀と告別式を一度に済ませたいというニーズが高まった ただし、葬儀と告別式では、目的や意義が異なります。それぞれの意味を理解した上で、故人や遺族の意向に沿った形で執り行うことが大切です。 告別式の一般的なタイムスケジュール 告別式は、故人との最後のお別れの儀式であり、遺族や親しい人々が集まり、故人の生前を偲び、感謝の気持ちを表します。ここでは、告別式の一般的なタイムスケジュールについて詳しく説明します。 告別式の全体の流れ 告別式は、通常、葬儀の後に行われます。全体の流れは以下の通りです。 受付開始(10:00頃) 葬儀(10:30頃~) 告別式(11:30頃~) 火葬(12:00頃~) 解散(14:00頃) ただし、このタイムスケジュールはあくまで一般的な例であり、地域や宗派、家族の意向によって異なる場合があります。 受付開始から告別式開始までの時間 受付は、告別式の30分~1時間前に開始されるのが一般的です。この時間帯に、喪主や遺族は会場に集合し、参列者の受付を行います。 受付では、以下のようなことが行われます。 参列者の名前や所属の確認 香典の受け取り 焼香の順番の案内 座席の案内 参列者は、受付を済ませた後、指定された席に着席し、告別式の開始を待ちます。 告別式から火葬までの時間 告別式は、30分~1時間程度で終了するのが一般的です。告別式では、以下のような流れで進行します。 僧侶の入場・開式の言葉 読経・引導 弔辞・弔電の朗読 焼香(喪主・遺族から順に) 僧侶の退場・閉式の言葉 告別式が終了すると、遺族や参列者は、別れの言葉を交わし、故人との最後のお別れをします。その後、遺族や近親者は、火葬場へ向かいます。 火葬から解散までの時間 火葬は、通常、1時間~2時間程度で終了します。火葬では、以下のような流れで進行します。 火葬場到着・納めの儀 焼香 お骨上げ 骨壺への収骨 火葬が終了すると、遺族や近親者は、骨壺を持ち帰ります。その後、参列者は解散となります。 時間内容10:00頃受付開始10:30頃葬儀開始11:30頃告別式開始12:00頃火葬開始14:00頃解散 以上が、告別式の一般的なタイムスケジュールです。告別式は、故人との最後のお別れの大切な儀式です。心を込めて、故人を偲び、感謝の気持ちを表しましょう。 告別式の事前準備 告別式を滞りなく進行するためには、入念な事前準備が欠かせません。ここでは、喪主・遺族側と参列者側、それぞれの立場で必要な準備について説明します。 喪主と遺族が行う準備 喪主と遺族は、葬儀・告別式の全体的な運営を担います。事前に以下のような準備を進めておきましょう。 親族内で役割分担を決める(受付、席次、焼香の順番、火葬場への同行者など) 式場の手配(日時、規模、予算、装飾など) 僧侶への連絡と打ち合わせ(宗派、式次第、読経など) 弔辞を依頼する人の選定と依頼 火葬場の手配 会葬礼状の準備と発送 当日のタイムスケジュールの作成と関係者への共有 特に、僧侶との事前の打ち合わせは重要です。読経の内容や時間などを確認しておきましょう。 参列者の受付に関する準備 参列者の受付は、告別式の運営を円滑に進めるための重要な役割です。受付担当者は、以下のような準備を行います。 受付台の手配(受付名簿、記帳用具、飲み物など) 参列者名簿の作成(五十音順、関係性などを整理) 香典の管理方法の決定(香典袋、金額の記録方法など) 参列者の案内係の手配 参列者が多い場合は、複数の受付担当者を配置するなどの工夫も必要です。 式次第や読経に関する僧侶との打ち合わせ 式次第や読経は、宗派によって異なります。事前に僧侶と打ち合わせを行い、以下のような点を確認しておきます。 宗派や僧侶の流儀に合わせた式次第の確認 読経の内容と時間 お布施の金額と渡し方 弔辞・弔電の依頼と確認 弔辞は、故人との関係が深く、人柄や功績をよく知る人に依頼します。弔辞を依頼する際は、以下のようなことに気をつけましょう。 弔辞を依頼する人数(1〜3人程度が一般的) 弔辞の時間(1人3〜5分程度) 弔辞の内容(故人の人柄、エピソード、功績など) 弔電の有無と読み上げ方法 弔辞者には、事前に依頼の連絡を入れ、当日のタイムスケジュールを伝えておきます。また、弔電がある場合は、代読を依頼する人を決めておく必要があります。 以上が、告別式を運営する上で必要な事前準備の概要です。入念な準備を行うことで、故人を偲び、感謝の気持ちを表す大切な儀式を滞りなく執り行うことができるでしょう。 遺族と参列者のマナーと注意点 故人との最後のお別れの場である告別式。喪主や遺族、参列者それぞれが心得ておくべきマナーや注意点があります。ここでは、告別式をスムーズに執り行うためのポイントを、立場ごとに解説します。 喪主の心得と振る舞い 喪主は、葬儀の取りまとめ役として、様々な責任を負います。まず大切なのは、故人を偲び、感謝の気持ちを込めて式を執り行うことです。同時に、参列者への配慮を怠らないよう心がけましょう。 具体的には、以下のような点に注意が必要です。 式の進行や段取りを把握し、混乱のないよう努める 参列者に対し、適切な挨拶と礼儀を示す 弔辞や読経、焼香など、式の各所作を丁寧に行う 遺族や親族と協力し、参列者をおもてなしする また、喪主は弔辞を読むことが一般的です。故人の人柄や思い出、生前の功績などを振り返り、故人への感謝の言葉を述べるのが良いでしょう。 遺族の服装と受付対応 遺族の服装は、黒の礼服が基本です。男性は黒のスーツにネクタイ、女性はブラックフォーマルを選びましょう。アクセサリーは控えめにし、派手な装飾は避けるのがマナーです。 受付対応では、以下のような心遣いが求められます。 参列者一人一人に、丁寧に挨拶をする 香典の受け取りや記帳を行う際は、感謝の言葉を添える 不明な点があれば、葬儀社スタッフに確認し、適切に案内する 参列者の半数程度が集まった時点で、式場に誘導する 遺族は、参列者にとって故人との繋がりを感じる存在です。温かみのある応対を心がけ、参列者の気持ちに寄り添うことが大切です。 参列者の服装と持ち物 参列者の服装も、地味めの黒を基調とするのがマナーです。華美な装いは厳粛な雰囲気を損ねかねません。また、男性は襟付きのシャツにネクタイ、女性はストッキングを着用するのが望ましいとされます。 参列者が持参するものとしては、以下があげられます。 香典 数珠(特に宗教に関わりの深い人) 袱紗(ふくさ) 白か黒などの無地のハンカチ 時間に余裕を持って会場に到着し、受付を済ませたら、静かに着席します。式中は私語を慎み、携帯電話の電源はOFFにしておきましょう。 香典と弔電の基本マナー 香典の金額は、故人との関係性や自身の立場によって異なります。一般的な相場は以下の通りです。 親族・親しい友人:50,000円以上 兄弟・姉妹:10,000円程度 親族以外:5,000円程度 香典は、新札を香典袋に入れて持参するのが一般的です。受付で渡す際は、両手で丁寧に手渡しします。 弔電は、式に参列できない場合に送るのがマナーです。はがきや電報の形式で、「ご霊前」「ご遺族」宛てに送ります。弔電の文面は、故人を偲び、遺族を慰める言葉を中心に、簡潔に記します。 故人を偲び、感謝の気持ちを表し、遺族の心情に配慮すること。それが、告別式に臨む全ての人に求められるマナーと言えるでしょう。各自が礼節を持って式に参列することで、厳粛で清浄な時間を過ごすことができるはずです。 まとめ 告別式は、故人との最後のお別れを告げ、生前を偲び感謝の気持ちを表す大切な儀式です。一般的に葬儀の後に行われ、受付や焼香、読経、弔辞、お別れの儀など、一連の流れの中で執り行われます。喪主や遺族は、事前の綿密な打ち合わせや準備を行い、参列者への配慮を怠らないことが肝要です。一方、参列者は、礼節を持って式に臨み、故人を偲び、遺族の心情に寄り添うことが求められます。服装や持ち物、香典などについてもマナーを守ることが大切です。告別式が、厳粛で心温まる儀式となるよう、遺族と参列者が協力し合うことが何より重要なのです。

よくあるご質問

家族葬のセレモニーハウスは、
なぜ葬儀料金が安いのですか?

社内効率化、無駄の徹底排除をはかり、グループ会社内で、物品の一括購入などを行い、コストダウンを図っているからです。良質なサービスを、適正な価格でお客様に提供するべく、奮励努力させていただいております。

家族葬について教えてください。

家族葬は、ご家族さまとごく少数の参列者で行うご葬儀です。「家族」と名前がついていますが、ご親戚やご友人を招くことも可能です。故人さまとの最後の時間をゆっくり過ごしながら、少人数で落ち着いてお別れができます。

家族葬のメリットは何ですか?

従来のご葬儀では、喪主をはじめとしたご家族は、参列者へのあいさつやおもてなしに気を取られ、ゆっくりお別れができないケースが少なくありませんでした。親しい間柄の方だけで行う家族葬は、落ち着いて故人さまをお見送りすることができます。

家族葬にデメリットはありますか?

一般的なご葬儀では、通夜式や告別式に故人さまのご友人や知人、お仕事関係の方々などが参列可能ですが、家族葬ではそれができません。事業をされていた方や、交友関係が広かった方を家族葬で送った場合には、ご葬儀後に多くの弔問客がご自宅に訪れることが考えられます。その対応にあまりにも時間を取られてしまうことになれば、ご家族の負担になる可能性があります。

お客様の声

ページトップへ戻る
深夜・早朝でも24時間365受付
電話をかける無料
お問い合わせ