NHK でも紹介された 安心のお葬式

※TPCマーケティングリサーチ(株)調べ

※1 グループ全社実績。TPCマーケティングリサーチ㈱調べ葬儀施行数(葬儀専門会社とは葬儀を主たる事業として扱い、自社で葬儀の手配から施行まで行う会社のことであり、冠婚葬祭互助会系の事業者、JA・生協などの協同組合系の事業者、インターネットだけで集客する葬儀紹介業者を含まない。※FC等を除く2023年度)

※2 グループ全社実績。TPCマーケティングリサーチ㈱調べ葬儀ホール数(葬儀専門会社部門にてFCを除く2024年4月時点)
(葬儀専門会社とは葬儀のみを事業として扱い、自社で葬儀施行まで行う会社のこと)

ご相談だけでもお任せください
現在待機中
現在待機中
現在待機中
現在待機中

深夜・早朝でも 24時間365受付

費用/プラン

※ 費用・プランは地域により異なります。

お近くの葬儀場で行えます

首都圏エリア

北海道エリア

葬儀の知識

ご葬儀 2024.06.13
直葬とは?ご家族に寄り添うシンプルな葬儀のかたち

直葬とは?ご家族に寄り添うシンプルな葬儀のかたち

近年、葬儀のあり方が多様化する中で、「直葬」という選択肢が注目を集めています。直葬とは、故人を火葬場へ直接搬送し、必要最小限の手続きのみを行う簡素な葬儀形式です。経済的負担の軽減や、高齢化社会における家族形態の変化、ライフスタイルの多様化などを背景に、直葬を選ぶ方が増えつつあります。しかし、一般的な葬儀とは異なる点も多いため、直葬を検討する際は、その特徴やメリット・デメリットを十分に理解し、故人や遺族の意向に沿った形で進めることが大切です。 直葬とは?シンプルで費用を抑えた葬儀形式 直葬とは、一般的な葬儀とは異なり、ごく身内だけで火葬を行い、簡素に故人を弔う方法のことを指します。ここでは、直葬の特徴やメリット・デメリットについて詳しく解説します。 直葬の定義と特徴 直葬は、「直接火葬」とも呼ばれ、通夜や告別式などの儀式を省き、火葬のみを行う葬儀の形態です。一般的な葬儀と比べ、以下のような特徴があります。 通夜・告別式を行わない ごく近い親族のみで火葬を行う 祭壇や装飾を設けない 火葬後、骨上げをして終了 直葬では、故人を火葬場へ直接搬送し、必要最小限の手続きを行うことで、葬儀にかかる時間と費用を大幅に削減できます。 直葬が選ばれる理由と背景 近年、直葬を選択する人が増えている背景には、以下のような理由があります。 経済的負担を軽減したい 高齢化社会で身寄りが少ない 宗教や伝統にこだわらない ライフスタイルの変化 特に、葬儀費用の高騰や核家族化の進行により、従来の大規模な葬儀を望まない人が増えています。また、個人の価値観が多様化し、故人の意思を尊重したいと考える遺族も多くなっています。 直葬のメリットとデメリット 直葬にはメリットとデメリットがあります。主なメリットは以下の通りです。 葬儀費用を大幅に節約できる 遺族の心理的・肉体的負担が軽減される 故人の意思を尊重したシンプルな別れ方ができる 一方、デメリットとしては以下のような点が挙げられます。 親族や知人に会えない 故人を偲ぶ時間が短い 周囲とのトラブルの可能性 直葬を選択する際は、こうしたメリットとデメリットを踏まえ、故人や遺族の意向に沿って判断することが大切です。直葬は、従来の葬儀とは異なるシンプルな形式ですが、故人への敬意を込めて行うことができる葬儀の選択肢の一つです。遺族の事情や故人の意思に合わせて、適切な葬儀のあり方を検討してみてはいかがでしょうか。 直葬の流れと必要な準備 直葬は、一般的な葬儀と比べてシンプルな流れですが、スムーズに進めるためには事前の準備が欠かせません。ここでは、直葬の一連の流れと、必要な手配についてご説明します。 お迎えから安置までの手順 直葬の第一段階は、故人のお迎えと安置です。病院や自宅で亡くなった場合、まずは医師の死亡診断書を取得します。そして、遺体を安置する場所を確保します。自宅で安置することが難しい場合は、葬儀社の安置施設を利用するのが一般的です。 ただし、死後24時間以内は火葬ができないため、安置場所の確保は必須です。葬儀社によっては、安置から火葬までを一貫して行うプランを用意しているところもあります。 納棺と出棺の流れ 故人を安置した後は、納棺を行います。納棺とは、遺体を棺に納める儀式のことです。直葬の場合、家族だけで行うことが多いですが、葬儀社の専門スタッフに依頼することもできます。 納棺の際は、故人の好みの服や思い出の品を一緒に棺に入れることができます。ご遺族の方で用意することも可能ですし、葬儀社が用意する死装束を利用するのも一つの方法です。 納棺が終わったら、いよいよ出棺です。葬儀社のスタッフが棺を霊柩車に乗せ、火葬場へと運びます。ご遺族も同行し、最期のお別れをします。 火葬と骨上げの過程 火葬場に到着したら、まずは火葬許可証を提出します。その後、火葬炉前で読経を行い、棺を炉に納めます。火葬には1~2時間ほどかかります。 火葬が終わったら、お骨上げを行います。これは、遺骨を拾い上げ、骨壺に納める作業のことです。直葬の場合、近親者のみで行うことが一般的ですが、スタッフによるサポートを受けることもできます。 骨壺に納めた遺骨は、そのまま持ち帰るか、一時的に火葬場の納骨堂に安置します。後日、納骨堂や墓地、自宅の仏壇などに納めます。 直葬に必要な手配と準備 直葬を滞りなく進めるには、事前の準備が重要です。以下のような手配と準備が必要となります。 死亡診断書の取得 火葬許可証の申請 安置場所の確保 死装束や納棺用品の用意 霊柩車の手配 火葬場の予約 骨壺の用意 遺骨の納め先の決定 これらの手配は、葬儀社に依頼することで手間を省くことができます。ただし、直葬の場合は、通常の葬儀と比べて葬儀社に依頼する項目が少ないため、料金も抑えられる傾向にあります。 直葬を希望する際は、事前に親族や関係者の同意を得ておくことが大切です。故人の意思を尊重しつつ、遺族の想いにも寄り添いながら、納得のいく形で故人を送ることができるよう、十分に話し合いを重ねましょう。 直葬にかかる費用と内訳 直葬は一般的な葬儀と比べ、費用を大幅に抑えることができる葬儀の形式です。ここでは、直葬にかかる平均的な費用相場や、内訳について詳しく解説します。 直葬の平均的な費用相場 直葬の費用は、葬儀社によって異なりますが、平均的な相場は20万円~30万円ほどになります。 一般的な葬儀の費用が100万円以上かかることを考えると、直葬は非常に経済的な選択肢と言えます。ただし、これはあくまでも目安であり、追加のオプションサービスを利用する場合は、費用が高くなる可能性があります。 費用の内訳と各項目の説明 直葬の費用は、以下のような項目で構成されています。 項目説明火葬費用火葬場の利用料金、火葬に必要な資材や人件費など棺・骨壺代故人を納める棺や、遺骨を納める骨壺の費用遺体搬送費故人を安置施設から火葬場まで運ぶ際の費用安置施設利用料葬儀社の安置施設を利用する場合の費用人件費葬儀社スタッフの人件費や手配に関わる費用 直葬の場合、一般的な葬儀で必要となる祭壇や装飾、お料理、返礼品などの費用が不要となるため、コストを大幅に削減することができます。 直葬費用を抑えるポイント 直葬の費用をさらに抑えるためのポイントは以下の通りです。 火葬場を直接手配する 自宅で安置を行う 棺や骨壺は簡素なものを選ぶ 葬儀社の追加サービスを利用しない ただし、故人や遺族の意向を最優先に考え、必要なサービスは適切に利用することが大切です。葬儀社と相談しながら、最適なプランを選択しましょう。 直葬は、費用面で大きなメリットがある一方、一般的な葬儀とは異なる点も多いため、事前の準備と関係者への説明が重要となります。故人や遺族の想いを大切にしながら、納得のいく形で葬儀を行えるよう、十分に検討することをおすすめします。 直葬を検討する際の注意点 直葬は費用面や簡素さにメリットがある一方で、一般的な葬儀とは異なる点があるため、いくつかの注意点を理解しておく必要があります。ここでは、直葬を検討する際に知っておくべき重要なポイントを解説します。 24時間以内の火葬は不可能 直葬を考える際、まず理解しておきたいのが、亡くなってから24時間以内は火葬ができないという点です。これは法律で定められており、例外はありません。したがって、ご自宅や葬儀社の安置施設など、遺体を一時的に安置する場所の確保が不可欠となります。 特に自宅での安置が難しい場合は、葬儀社の安置施設利用も視野に入れましょう。事前に葬儀社と相談し、スムーズに直葬を進められるよう準備することをおすすめします。 親族の同意と事前説明の必要性 直葬は一般的な葬儀と異なるため、親族や関係者の理解と同意を得ておくことが重要です。特に、故人の意思を尊重しつつ、遺族の想いにも寄り添いながら、納得のいく形で葬儀を行えるよう、事前に十分な説明を行うことが求められます。 直葬の流れやメリット・デメリットを丁寧に説明し、関係者全員が納得した上で進めることが、トラブルを避けるために不可欠です。葬儀社との連携を密にし、円滑な進行を心がけましょう。 寺院の納骨拒否の可能性 直葬で火葬した遺骨を、菩提寺や寺院の納骨堂に納めることを希望する場合、受け入れを拒否される可能性があります。これは、直葬が一般的な葬儀とは異なり、寺院との関わりが薄いためです。 納骨先を検討する際は、あらかじめ寺院に相談し、直葬での納骨が可能かどうかを確認しておくことが賢明です。代替案として、自宅の仏壇や墓地、公営の納骨堂などを検討してみるのも一つの方法でしょう。 故人との別れの時間が短いことへの心構え 直葬では、通夜や告別式を行わないため、故人との最後の別れの時間が短くなります。火葬の前に限られた時間で故人と向き合うことになるため、遺族はその覚悟が必要となります。 ただし、葬儀の形式よりも、故人を偲び、感謝の気持ちを込めて送ることが何より大切です。シンプルな中にも、心を込めた送り方ができるよう、遺族同士で十分に話し合い、準備を進めましょう。 直葬は、従来の葬儀とは異なる選択肢ですが、それぞれのご家庭の事情に合わせて検討できる、現代ならではの葬送のあり方と言えます。注意点を理解した上で、故人や遺族の想いを大切に、適切な形で葬儀を行えるよう、準備を進めていきましょう。 直葬に関するよくある質問 直葬は近年注目を集めている葬儀の形式ですが、一般的な葬儀との違いから、様々な疑問や不安を抱く方も少なくありません。ここでは、直葬に関してよく寄せられる質問について、詳しく解説します。 直葬と家族葬の違い 直葬と家族葬は、どちらも身内を中心とした葬儀の形式ですが、いくつかの違いがあります。家族葬は、告別式を行い、祭壇を設けるなど、一般的な葬儀の形式を簡略化したものです。一方、直葬は、通夜や告別式を行わず、火葬のみを行う点で異なります。 また、家族葬では親戚や近しい知人も参列するケースが多いのに対し、直葬ではごく近い家族のみで行うことが一般的です。ただし、家族葬と直葬の区別は曖昧で、家族葬の一種として直葬を位置づける考え方もあります。 1日で直葬を行うことは可能か 死亡から24時間以内の火葬は法律で禁止されているため、亡くなった当日に直葬を行うことはできません。ご遺体を一時的に安置する必要があるため、少なくとも死亡から24時間以上の時間を要します。 ただし、直葬はシンプルな葬儀形式であるため、一般的な葬儀と比べて短い期間で執り行うことが可能です。お別れや通夜、告別式などを省略することで、数時間で葬儀を終えることができるでしょう。 直葬に宗教的な制限はあるか 直葬は、特定の宗教に基づいた葬儀形式ではないため、宗教的な制限はありません。キリスト教、仏教、神道など、故人や遺族の信仰に関わらず、直葬を選択することができます。 ただし、直葬で火葬した遺骨を菩提寺や寺院の納骨堂に納めることを希望する場合、受け入れを拒否される可能性があります。事前に寺院に相談し、了承を得ておくことが大切です。 葬儀社に依頼せずに直葬はできるか 直葬は、シンプルな葬儀形式であるため、葬儀社に全面的に依頼せずに行うことも可能です。ただし、死亡診断書の取得、火葬許可証の申請、遺体の搬送、火葬場の手配など、一連の手続きを遺族自身で行う必要があります。 葬儀社に依頼する場合でも、直葬に必要なサービスのみを選択することで、費用を抑えることができます。遺族の心情や状況に合わせて、適切な方法を選びましょう。 直葬は、故人や遺族の意向に沿った、シンプルで経済的な葬儀の選択肢です。一般的な葬儀とは異なる点もありますが、疑問や不安を解消し、納得のいく形で葬儀を行えるよう、事前の準備と話し合いを大切にしましょう。 まとめ 直葬は、故人を火葬場へ直接搬送し、必要最小限の手続きのみを行うシンプルな葬儀形式です。経済的負担の軽減や高齢化社会における家族形態の変化、ライフスタイルの多様化などを背景に選ばれることが多く、従来の葬儀と比べて時間と費用を大幅に削減できるのが特徴です。一方で、親族や知人と会えない、故人を偲ぶ時間が短いなどのデメリットもあります。直葬を検討する際は、24時間以内の火葬は不可能である点や、親族の同意と事前説明の必要性、寺院の納骨拒否の可能性などに注意が必要です。

ご葬儀 2024.06.12
末期の水(死に水)とは?意味や手順・作法について解説

末期の水(死に水)とは?意味や手順・作法について解説

大切な人を亡くされた悲しみの中で、私たちにできる最初のお別れの儀式が「末期の水(死に水)」です。医師の臨終宣告後、できるだけ早い段階で、故人の口元に水を含ませ、清め、旅立ちを見送ります。病院では医療スタッフの誘導のもと、自宅では葬儀社や訪問看護師の協力を得ながら、身近な人から順に、故人への感謝の想いを胸に、心を込めて水を含ませていきます。故人にとっても、遺族にとっても、大切な区切りとなるこの儀式。古くから日本人の間で大切に受け継がれてきた、尊い風習なのです。 末期の水(死に水)とは何か 末期の水(死に水)とは、大切な人が亡くなった際に、その人の口元に水を含ませる儀式のことを指します。故人に対して行われる最初の儀式であり、古くから日本の葬送習俗として親しまれてきました。 末期の水(死に水)の意味と概要 末期の水は、臨終の間際に行われる儀式で、次のような意味合いがあります。 亡くなった方の口の中を清め、乾燥を防ぐ。 死後の旅立ちに備え、喉の渇きを癒す。 最期のお別れとして、故人に寄り添う。 通常、医師から臨終が告げられた後、できるだけ早い段階で行うのが一般的です。病院では医療スタッフの指導のもと、自宅では葬儀社や訪問看護師の助言を得ながら、家族や近親者が中心となって執り行います。 末期の水(死に水)の由来と歴史 末期の水の起源については諸説ありますが、主な由来として以下のようなものが挙げられます。 由来説明仏教の影響お釈迦様の入滅の際、弟子たちが口元に水を含ませたという経典の故事に由来するとされる。故人への願い水の力で故人が生き返ることを願う気持ちの表れとする説もある。神道の儀式死によって生じた穢れを清める目的で行われていたという説もある。 諸説ありますが、いずれにしても末期の水は長い歴史の中で日本人の死生観や習俗と深く結びつき、現在に至るまで大切に受け継がれてきた儀式と言えるでしょう。 浄土真宗では末期の水(死に水)を行わない理由 一般的に末期の水は日本の葬儀の習わしとして広く認識されていますが、浄土真宗では末期の水を行いません。その理由として、以下のような教義上の解釈があります。 死亡後にすぐ成仏するため、「死生の旅路」がない。 死後は直接極楽浄土に行き、そこでは飲食に困らない。 浄土真宗では独自の葬送儀礼が行われますが、故人を偲び、礼拝の心を捧げるという点では他の宗派と変わりありません。末期の水は宗教や文化によって捉え方が異なりますが、故人を敬い、見送る心は普遍的なものと言えるでしょう。 末期の水(死に水)を行うタイミングと場所 医師から臨終宣告を受けた後に行うのが一般的 末期の水は、医師から患者の臨終が告げられた後の段階で行うのが一般的です。臨終の前兆が見られた場合でも、必ず医師の死亡診断を待ってから行います。家族や親しい人が揃うのを待つ必要はなく、立ち会える人で行うことが大切です。 ただし、患者の容態や家族の心情によっては、臨終から少し時間をおいて行うこともあります。柔軟に対応しましょう。 病院では医療スタッフの誘導で行う 末期の水は、病院で行うことも少なくありません。その場合は、医療スタッフの指導や助言を仰ぎながら進めていきます。 まず、担当医から臨終の宣告を受けたら、看護師に末期の水を行いたい旨を伝えましょう。病院によっては、お清めセットを用意してくれる場合もあります。 病室でのお清めが困難な場合は、安置室や霊安室など、別の場所に移動して行うこともあります。医療スタッフの誘導に従って、適切な場所で行いましょう。 自宅で行う場合の準備と葬儀社・訪問看護師の協力 自宅で看取りを行った場合は、事前に準備しておいたお清めセットを使って、家族が中心となって末期の水を行います。 ただし、初めての経験では何をどうすればよいか分からないことも多いでしょう。そのような時は、葬儀社や訪問看護師に相談し、協力を仰ぐことをおすすめします。 葬儀社の人は、お清めの手順や作法について詳しく、適切な助言をしてくれます。また、訪問看護師は医療面でのサポートだけでなく、エンゼルケアや死後の処置についても経験豊富です。分からないことがあれば、遠慮なく相談しましょう。 自宅で行う場合は、できるだけ多くの近親者で末期の水を行うのが望ましいとされています。故人とのお別れの時間を共有し、お互いが支え合うことで、喪失の悲しみを乗り越えていく助けとなるでしょう。 末期の水(死に水)の具体的な手順 末期の水は、故人に対して行う最初の儀式であり、心を込めて丁寧に行うことが大切です。ここでは、末期の水の具体的な手順について解説します。 末期の水(死に水)に必要な道具と準備 末期の水を行うには、以下のような道具を準備します。 清浄な水(冷水または常温水) お清めセット(箸、脱脂綿、お椀) タオル(故人の顔を拭くため) お清めセットは、葬儀社から提供される場合もありますが、自宅で行う場合は事前に用意しておくとよいでしょう。水は、ミネラルウォーターなど、清浄なものを使用します。 血縁関係の深い順番で行う 末期の水は、故人と血縁関係の深い順番で行うのが一般的です。以下のような順序が目安となります。 配偶者 子ども(年齢順) 親 兄弟姉妹 その他の親族 ただし、これはあくまで目安であり、故人との関係性や家族の事情に応じて、柔軟に対応することが大切です。 故人の口元を濡らす方法と注意点 末期の水の手順は、以下のように進めていきます。 お椀に水を注ぎ、箸の先に脱脂綿を巻いて縛る。 脱脂綿をお椀の水に浸し、よく湿らせる。 故人の口元に脱脂綿を軽く当て、上唇から下唇へ、左から右へ水を含ませる。 唇全体に水を含ませたら、綿を取り替えて、再度水を含ませる。 最後に、故人の顔をタオルできれいに拭く。 末期の水を行う際は、以下の点に注意しましょう。 脱脂綿は、口の中に入れ込まないよう注意する。 水を含ませ過ぎないよう、脱脂綿の水分量に気をつける。 故人の顔に水滴が垂れないよう、丁寧に拭き取る。 故人に話しかけながら、ゆっくりと心を込めて行う。 末期の水は、故人との最後のお別れの儀式です。悲しみに暮れる中でも、故人を敬う気持ちを忘れずに、丁寧に行うことが大切です。医療スタッフや葬儀社の担当者に相談しながら、故人にとって最良の形で末期の水を執り行いましょう。 心を込めて行う末期の水(死に水)の意義 故人を安らかに旅立たせるための儀式 末期の水は、故人が安らかに旅立てるように願いを込めて行われる儀式です。生前、私たちは水を飲むことで喉の渇きを癒していました。それと同じように、末期の水で故人の口元を濡らすことは、死後の旅路に備え、心象的に喉の渇きを癒すという意味合いがあります。 また、清浄な水で口元を清めることで、穢れを払うという意味もあります。古来より、日本では死を穢れとする考えがありました。末期の水は、そうした死に伴う穢れを清め、故人を清らかな状態で送り出すための儀式とも言えるでしょう。 遺族が区切りをつけるための大切な儀式 末期の水は、故人を送り出す家族にとっても、大変意義深い儀式です。愛する人との別れは、誰にとっても悲しく、受け入れがたいものです。しかし、末期の水を行うことで、「最期のお別れ」という区切りをつけることができます。 残された家族は、末期の水を通して故人を見送ることで、悲しみを乗り越え、新たな人生のスタートを切る勇気を得ることができるのです。それは、故人への感謝の気持ちを込めると同時に、遺された者が前を向いて生きていく決意表明でもあるのです。 心を込めて行うことで故人への想いを表現 末期の水は、単に形式的に行うだけでは意味がありません。大切なのは、故人に対する想いを込めて、丁寧に行うことです。 水を含ませる際には、故人の口元に優しく脱脂綿を当て、ゆっくりと水を含ませていきます。その間、心の中で故人に話しかけ、感謝の気持ちや思い出を伝えましょう。 「〇〇さん、今まで本当にありがとう。あなたと過ごした日々は、私の一生の宝物です。安らかに眠ってください。」そのように、言葉に出来ない想いを胸に、心を込めて末期の水を行うことが何より大切なのです。 末期の水は、形式的な儀式ではありますが、そこに込められた想いは、故人へのメッセージとなって届くはずです。最愛の人を亡くした悲しみは、計り知れないものがあります。けれども、その悲しみを乗り越える力もまた、遺された者の中にあるのです。心を込めて行う末期の水が、そのきっかけとなることを願ってやみません。 まとめ 末期の水(死に水)は、大切な人との最後のお別れの儀式です。故人が安らかに旅立ち、遺された家族が新たな一歩を踏み出すきっかけとなる、とても意義深いものです。医師の臨終宣告後、できるだけ早い段階で、血縁関係の深い人から順に、清らかな水で故人の口元を濡らしていきます。病院ではスタッフの指示に従い、自宅では葬儀社や訪問看護師の助言を得ながら、必要な道具を準備し、丁寧に行いましょう。故人への感謝の気持ちを胸に、心を込めて水を含ませることが何より大切です。悲しみに暮れる中でも、愛おしい人への想いを形に表すことで、生きる希望を見出していけるはずです。

ご葬儀 2024.06.11
湯灌とは?費用や流れについて解説

湯灌とは?費用や流れについて解説

大切な人を亡くし、お葬式の準備に追われる中で、湯灌についてお悩みの方も多いのではないでしょうか。湯灌とは、故人の体を清め、あの世へ送り出すための儀式ですが、現代では必ず行う必要があるのか、費用はどれくらいかかるのか、などの疑問を持つ方もいらっしゃるでしょう。本記事では、湯灌の意味や由来、手順、必要な物品、費用などについて詳しく解説します。また、湯灌は必ず行う必要があるのか、自宅で行うことは可能なのかなど、よくある質問にもお答えします。故人を清浄な状態で送り出すための湯灌について、ご一緒に考えていきましょう。 湯灌とは何か 湯灌とは、亡くなった方の身体を清めるために行う儀式のことを指します。故人の身体をぬるま湯で丁寧に拭き、髪を洗い、身支度を整えることで、故人を清浄な状態にして、あの世へ送り出すための大切な儀式です。 湯灌の意味と由来 湯灌の「湯」は温かいお湯、「灌」は注ぐ、そそぐという意味があります。つまり、湯灌とは温かいお湯で故人の身体を清めるという意味になります。湯灌の起源は古く、仏教の影響を受けた儀式として平安時代から行われてきたとされています。 仏教では、人は死後、極楽浄土へ旅立つと考えられています。その旅立ちの前に、故人の魂を清めるために湯灌が行われてきました。また、故人の生前の疲れを取り、あの世でも清らかな姿で過ごせるようにするという意味合いもあります。 湯灌の目的と重要性 湯灌には、以下のような目的と重要性があります。 故人の身体を清め、あの世へ送り出すため 故人への感謝や哀悼の意を表すため 遺族の心の整理と区切りをつけるため 故人との最後の時間を過ごすため 湯灌を行うことで、故人を清浄な状態であの世へ送ることができます。また、湯灌を通して、遺族は故人への感謝の気持ちを表すことができます。湯灌は、遺族にとっても心の整理をつけ、故人とのお別れの時間を過ごす大切な儀式なのです。 現代における湯灌の位置づけ 現代では、医療の発達により、病院で亡くなる方が多くなりました。病院では、看護師による清拭が行われるため、改めて湯灌を行うかどうかは遺族の意向によります。 湯灌を行うかどうかは、遺族の心情や故人の意向、宗教観などを考慮して決められます。湯灌を行うことで、故人を丁寧に送ることができる一方で、遺族の中には湯灌は必要ないと考える方もいます。 重要なのは、遺族の意向です。無理に湯灌を行う必要はありません。遺族が納得して、故人を送り出せるようにすることが大切です。葬儀社に相談し、湯灌の必要性について話し合ってから、行うかどうかを決めると良いでしょう。 湯灌の流れと準備するもの 湯灌は、故人を清浄な状態であの世へ送り出すための大切な儀式です。ここでは、湯灌の具体的な流れと準備するものについて解説します。 湯灌を行う手順 湯灌の手順は、以下のようになります。 湯灌の準備をする(湯を沸かす、タオルや着替えを用意する等) 担当者による説明(口上) お湯かけ・シャワーによるお清め、顔や髪のお手入れ 着替えをさせる(死装束や故人の衣服等) 故人を安置する 湯灌は、故人に最後の「お風呂」を提供する儀式です。故人の体を丁寧に拭き、汚れを落とすことで、清らかな状態にします。 湯灌に必要な道具と材料 湯灌を行うためには、以下のような道具と材料を準備します。 カテゴリー必要なもの湯灌の道具湯桶、膳、ひしゃく、タオル、ガーゼ、綿棒など故人の着替え死装束や故人の衣服、肌着、ソックス、ガーゼ帽子など 事前に必要な道具と材料をチェックし、準備することが大切です。特に、故人の着替えは、故人の好みや宗教的な慣習に合わせて用意します。 湯灌を行う際の注意点 湯灌を行う際は、以下のような点に注意が必要です。 湯の温度はぬるま湯程度に調整する 湯灌の最中は、故人に話しかけながら行う 湯灌後は、故人の体の水分をしっかり拭き取る 湯灌は、故人への感謝と哀悼の意を込めて行う儀式です。焦らずゆっくりと、丁寧に行うことが大切です。また、湯灌の最中は、故人に優しく語りかけることで、最後のお別れの時間を過ごすようにしましょう。 なお、湯灌を行うかどうかは、遺族の意向によって異なります。湯灌は強制ではありませんので、遺族の心情に配慮しながら、湯灌の必要性について話し合うことが重要です。 湯灌にかかる費用について 湯灌は故人を清浄な状態で送り出すための大切な儀式ですが、その費用についても把握しておく必要があります。ここでは、湯灌にかかる一般的な費用の相場や内訳、費用を抑えるためのポイントについて解説します。 湯灌の一般的な価格相場 湯灌の費用は、葬儀社や地域によって異なりますが、一般的な価格相場は以下の通りです。 湯灌のみの場合:3万円〜5万円程度 湯灌と納棺を合わせた場合:5万円〜10万円程度 この価格には、湯灌に必要な物品や役務、スタッフの人件費などが含まれています。ただし、あくまで一般的な相場であり、実際の費用は葬儀社によって異なる点に注意が必要です。 湯灌費用の内訳と詳細 湯灌の費用は、以下のような項目で構成されています。 項目説明湯灌の物品費湯灌に必要な物品(タオル、ガーゼ、着替えなど)の費用湯灌の役務費湯灌の施行にかかる人件費や衛生管理費など湯灌車の費用湯灌を行うための特殊な車両(湯灌車)の利用料出張料自宅など葬儀場以外で湯灌を行う場合の出張料 これらの項目の中でも、特に物品費と役務費が湯灌費用の大部分を占めています。また、湯灌車の利用や出張料は、必要な場合に追加される費用です。 湯灌の費用は、故人の状態や、遺族の要望によって変動します。最小限の物品で簡略化した湯灌を行えば、費用を抑えることができるでしょう。 費用を抑えるためのポイント 湯灌の費用を少しでも抑えたい場合は、以下のようなポイントを押さえておくと良いでしょう。 事前に葬儀社の価格や内容を比較する 湯灌の簡略化や、物品の選択を工夫する 遺族自身で湯灌の一部を行う 葬儀のパッケージプランを利用する 特に、葬儀社の価格や内容を事前に比較することは、費用を抑える上で非常に重要です。複数の葬儀社から見積もりを取り、サービス内容と価格のバランスを見極めましょう。 また、湯灌の簡略化や、遺族自身で湯灌の一部を行うことで、費用を抑えることもできます。ただし、故人への敬意を忘れず、遺族の心情に配慮しながら、適切な方法を選ぶことが大切です。 湯灌は、故人へのお別れの重要な儀式です。費用は大切な要素ですが、それ以上に故人を清浄に送ることが何より大切なのです。遺族の意向を汲みながら、適切な湯灌の方法を選びましょう。 まとめ 湯灌は故人を清浄な状態で送り出すための大切な儀式ですが、現代では必ず行う必要はありません。病院で清拭が行われるため、湯灌の必要性はご遺族の意向によって判断します。葬儀社が勧めてきても、無理に行う必要はなく、ご遺族が納得できる方法を選ぶことが重要です。湯灌のタイミングは死亡から24時間以内が理想的ですが、自宅で行う場合は衛生面の管理と故人の移動などの準備が必要になります。湯灌にかかる費用は3〜10万円程度が相場ですが、葬儀社や内容によって異なるため、事前に比較検討することをおすすめします。

よくあるご質問

家族葬のセレモニーハウスは、
なぜ葬儀料金が安いのですか?

社内効率化、無駄の徹底排除をはかり、グループ会社内で、物品の一括購入などを行い、コストダウンを図っているからです。良質なサービスを、適正な価格でお客様に提供するべく、奮励努力させていただいております。

家族葬について教えてください。

家族葬は、ご家族さまとごく少数の参列者で行うご葬儀です。「家族」と名前がついていますが、ご親戚やご友人を招くことも可能です。故人さまとの最後の時間をゆっくり過ごしながら、少人数で落ち着いてお別れができます。

家族葬のメリットは何ですか?

従来のご葬儀では、喪主をはじめとしたご家族は、参列者へのあいさつやおもてなしに気を取られ、ゆっくりお別れができないケースが少なくありませんでした。親しい間柄の方だけで行う家族葬は、落ち着いて故人さまをお見送りすることができます。

家族葬にデメリットはありますか?

一般的なご葬儀では、通夜式や告別式に故人さまのご友人や知人、お仕事関係の方々などが参列可能ですが、家族葬ではそれができません。事業をされていた方や、交友関係が広かった方を家族葬で送った場合には、ご葬儀後に多くの弔問客がご自宅に訪れることが考えられます。その対応にあまりにも時間を取られてしまうことになれば、ご家族の負担になる可能性があります。

お客様の声

ページトップへ戻る
深夜・早朝でも24時間365受付
電話をかける無料
お問い合わせ